CSRの取り組み ~地球環境~

2018年 ボランティア清掃活動の取組み

【本社・東京センター】(2018年12月12日)

12月5日は国際ボランティアデーです。SOMPOホールディングスグループでは12月をボランティア強化月間としており、そちらに因んで本社・東京センター合同で清掃活動を実施。
役職員総勢29名で中野坂上駅周辺のゴミを拾いました。
約30分間の活動でしたが、予想以上のゴミの量に驚くとともに、継続して取り組んでいくことが大事だと気付く機会となりました。

  

【鹿児島センター】(2018年8月18日)

2018年8月18日に鹿児島市主催の「明治維新150周年記念 第18回かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会」から一夜明けた8月19日、鹿児島センター部のCSR推進WGを中心に、総勢16名でボランティア清掃活動に参加。
花火大会会場である鹿児島港本港区と周辺の幹線道路沿のゴミを拾い、ゴミ袋いっぱいになるまで回収することができました。今回の活動は鹿児島市から44団体・約1,200人の参加があり、集められたゴミの総量は約1.6tに及んだとのことでした。
残暑厳しい中での活動でしたが、綺麗になり大変清々しい朝になりました。
鹿児島センターでは、これからも鹿児島の環境美化に積極的に取組んで参ります。

  

 

 【秋田センター】(2018年6月6日)

2018年6月6日に秋田県潟上市 道の駅「天王グリーンランド」の敷地内を4月に入社したフレッシュな新入社員を中心に、クリーンアップを行いました。
秋田県はとても自然が豊かなため、池や公園などを舞台に自然と親しみながらのクリーンアップは環境を綺麗に保つだけではなく、とても気持ちが良いものでした。
業務外で職員同士のコミュニケーションを図る良いきっかけとなった他、結束力も深まり充実した時間となりました。

  

 

[鹿児島センター] かごしま錦江湾サマーナイト大花火大会ボランティア清掃活動(2017年8月20日)

 

2017年8月19日に開催された鹿児島市主催のかごしま錦江湾サマーナイト大花火大会から一夜明けた8月20日朝、鹿児島センター部のメンバー36名がボランティア清掃活動を行いました。

花火大会会場(鹿児島港本港区)へ集合し、鹿児島市の森博幸市長を含め約1100人のボランティアと一緒に会場と会場周辺にてゴミ拾いを行いました。炎天下で汗を流しながら約一時間ゴミ袋を手にして、花火大会のあとに残ったお弁当箱やタバコの吸い殻をひとつひとつ拾いました。年々ゴミは減っており、今年は昨年より85キロ少ない約1.7トンのゴミが集まり、鹿児島の街がきれいになりました。

 


ISO14001認証を取得 (2015年)

当社を含む、SOMPOホールディングスの国内全グループ会社がISO14001認証を取得しました。取得したISO14001認証は、国内金融グループでは最大規模となります。

戻る