菊地 真衣

秋田センター部コンタクトセンター室
スーパーコミュニケーター
菊地 真衣さん

たくさんの刺激を受けて
自己成長がやりがいに

01自己紹介

菊地 真衣です。2020年度に入社した5期生です。
よろしくお願いいたします。

02業務内容

お車トラブルに遭っているお客さまからご連絡をいただき、トラブルを解消できるスタッフの手配を行っています。

02業務内容

03電話対応で意識していること

一人ひとりのお客さまの置かれている状況を考え、何が最適かを考えながら対応しています。また、状況を把握するために 周りの物音、トラブル場所、お客さまの声色を捉えることを意識しています。お客さまとお話する中で、認識をすり合わせるために言葉を変えて確認することにも気を付けています。

04The Great PRAyers

私は2020年度 Rookie of The Year賞(入社2年未満の優れているコミュニケーターを表彰)をいただきました。昼礼で発表してもらったとき、初めて自分が受賞したことを知りました。その時はびっくりして実感が無かったのですが、表彰式に参加し 大勢の人が居る会場を見てから改めて賞のすごさを感じました。今回のようなイベントがあると、自分の今までの頑張りを形として感じられますし、「また頑張ろう!」というモチベーションにもなります。
この会社はThe Great PRAyersだけでなく、サンキューコールや社内イベント、チーム活動など メンバーのモチベーションが上がるような取組みが沢山あります。メンバー同士で声を掛け合うなどコミュニケーションも活発で、前向きに頑張れるきっかけが多くあります。

04The Great PRAyers

05やりがい

お客さまから直接感謝のお言葉をいただけたときはとても嬉しいです。お客さまから伺ったお話を基に、自分なりの最善の応対を考えながら進めていきます。その応対でお客さまから「ありがとう」「助かりました」と言っていただけると、励みになります。
また、災害でお困りのお客さまを助けることができたときも、やりがいを感じます。災害時はスタッフの手配も難航してしまうことが多いので、早急の対応ができないことがあります。対応が難しいとお伝えするときは、お客さまの状況やお気持ちに寄り添いながらご案内するようにしています。

06入社の決め手

元々人と話すことが好きだったので、自分の好きなことを生かせると思いました。また、新しいオフィスで秋田駅直結というところも魅力的でしたね。

06入社の決め手

07研修

入社してから初めて聞く言葉が沢山ありました。知らない言葉はすぐに調べたり質問したりして、自分で分かりやすいようにまとめていました。同期が多かったこともあり、初めはコミュニケーションを取るためのグループワークが多く、楽しみながら交流を深めていきました。最初の段階で話すきっかけを作ってくれていたので、その後の業務研修に入るとお互いに教え合いながら一緒に取り組んでいました。研修期間の中で、同期と楽しいことや嬉しいこと、難しいことも一緒になって乗り越えていくので 今でも心強い存在です。

08独り立ち後

知っている専門用語も少なく、使い慣れていない敬語や言い回しが多かったので、先輩の対応を聞いて良いところを真似して取り入れるようにしていました。
研修の時もそうでしたが、独り立ちしてからも自分の成長を感じる場面が沢山あります。苦手だった応対方法が一人でできるようになったり、言葉のレパートリーが増えていることを実感したり…先輩方もメンバーの成長をしっかり見守ってくれているので、「できるようになった!」など声を掛けてくれます。

08独り立ち後

09今後どうなりたいか

常にお客さまのことを第一に考え、一人ひとりのお客さまへの最適なサービス提供を目指しています。
以前はできなかったことができるようになり、着実に自分が成長していることを感じます。また、チームで一人のお客さまをサポートしていくという環境なので、様々な応対方法に触れ刺激を受けながら働くことができます。
今までの経験を生かし、お客さまにとって一番良いサービスが提供できるよう頑張っていきます!
2023新卒採用の方はこちら

キャリア採用の方はこちら